アトケアプロ 副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加 

Q.アトケアプロに副作用はあるの?

A.好転反応があります。

 

副作用、といっていいのかはわかりませんが

 

アトケアプロを引用し始めて1〜2週間たった後、「かゆみ」や「肌の赤み」を訴える人がいます。

 

 

アトケアプロのホームページでも書かれていますが、これは好転反応と呼ばれるものです。

アトケアプロの好転反応って何?

整体に通っている人であれば「めいけん反応」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

骨を正常な位置に戻した直後は、ある程度痛みがでてきます。

 

しかし、しばらくすると痛みもなくなり、整体に行く前より体の調子が良くなります。

 

 

このように、体の調子が良くなる前に、いったん不調がでることを「めいけん反応」「好転反応」と言います。

好転反応は副作用?

好転反応は副作用とは言えない、と私は思います。

 

 

というのも「アトケアプロを飲み続けると、ずっとでる症状」ではないからです。

 

アトケアプロの好転反応である「かゆみ」や「赤み」は、アトケアプロを飲み続けることによって無くなります。

 

 

この好転反応が出た場合「ラッキー!」と喜びましょう。

 

それは、アトケアプロが体に作用をし始めた証です。

 

そのまま飲み続ければ、アトケアプロの効果を実感できる可能性が高いでしょう。

 

 

中にはこの「好転反応」のことを知らず、アトケアプロを飲み始めてかゆみが出て

 

 

「アトケアプロは不良品!」

 

 

という人もいます。

 

そこで飲用をやめてしまえば、好転反応の悪い症状だけ味わった、ということになります。

 

あきらかに です。

 

 

お金を払って体を壊したことになりますからね。

 

 

 

好転反応が出ても、飲み続けてみてください。

 

好転反応はすぐになくなります。

アトケアプロを購入する前に

 

アトケアプロを購入する前に、こちらのページを是非見てください。

 

アトケアプロは決して安い物ではありません。

 

是非、買って後悔しないように事前に情報を集めておきましょう。

 

 

あなたに本当にアトケアプロが必要なのか。アトケアプロを使うべきなのか。

 

しっかり見極めて、納得したうえで購入することをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加